むち打ち症

[Whiplash]

変形性頚椎症   私のサナモア

浅沼ミネ子 63歳  福島県会津若松市天寧寺町

私はいわゆる戦時下育ちの人間ですので、足・腰は人一倍頑丈な方で、歩くことはもちろん、愛宕神社の二百段余の石段の上り下りも苦にならないほどの元気者でした。 

ところが、昭和627月頃から手足に「しびれ」を感じるようになったうえ、膝や肩に痛みが走るようになりました。炊事などの日常の仕事にも差し支えるようになりました。そのうち治るだろうとも思って、しばらくの間は我慢してがんばっていました。しかし、回復するどころか悪くなるばかりで「これは大変、動けなくなったらどうしよう」と思い、市内の病院で診察を受けたところが、頚椎が悪い事がわかりました。

精密検査の結果は、頚椎の4番・5番の間の軟骨がでており、しびれも痛みもその為ということで、早速入院して治療を受けました。神経ブロック注射をしていただき、リハビリも一生懸命やりました。手術の事も考えましたが、高齢のうえ「もしも」のことを思うと恐ろしくて、やる勇気がでませんでした。

秋も深まる頃、不完全なまま退院しました。その後「湯治」鍼・灸はもおとより遠くのもみ治療と歩き廻りましたが、効果のほどはさっぱりでした。

そのような時、石井さんからサナモアを勧められました。正直なところ、最初は半信半疑でしたが、まさに藁をもつかむ気持ちで購入にふみきったわけです。

斉藤先生が器械を持ってこられた時、それが20年前に喜多方の大善さんで見た器械と同じなのでびっくりしました。ほんとうにこの器械で、私の痛みがとれるだろうかという疑念はありましたが、ダメで元々と思い、早速治療にとりかかりました。

昭和635月から斉藤先生のご指導で、毎日2時間、約1年間かけ続けました。いつの間にか薄紙をはがした様に痛みがとれ、今では自転車に乗り、昔の生活が出来る様になりました。今でも毎日、足の裏と腰と肩はかけ続けております。

私は、三度の食事をする様に、毎日サナモアをかけて、健康にくらしたいと思っています。

 

■むち打ち症

症例: 41歳 男性 公務員

症状: 信号で停車中、小型トラックに追突された。衝突の直後は意識は正常で、特に症状はなかったが、翌日から徐々に頚の痛み、喉の痛み、頭痛、更に右手の痺れを感じるようになった。病院でレントゲン検査を受け、第5頚椎の異常を指摘され、頚椎の固定と牽引療法を受けたが、2週間しても自覚的に経過がはかばかしくないため紹介されて来院した。来所時、頚の動く範囲はあらゆる方向に狭くなっており、前述の症状に加え、下痢と発熱を訴えていた。体躯はガッシリとしており、既往暦に特別のことなく、人間ドックの検査でも異常を認めたことはない。

療法経過: ABカーボンで足裏、膝、腰、背に集光器を使用して後頭部、喉、仙骨部分各10分、BCカーボンで頚に後方から20分照射。3回の治療で下痢が止まり、後頭部の重苦しい感じは軽減した。その後、自宅での自己治療にしたが、間欠的に出ていた微熱は一週間で治まった。しかし、頚の痛みや頭痛は一進一退を続けていたが、1ヵ月から急速に軽快した。現在、治療を始めて3ヶ月になるが、右手に微かな痺れが残っている以外は症状はなく、頚の動きもほとんど正常に戻っている。

 

■むち打ち損傷、急性虫垂炎疑い

症例: 56歳 男性

症状: 当初、むち打ち損傷の病院の診断書をもって来所した。来所時、項部(うなじ)から背中の強張りや痛みに苦しんでおり、目は充血していた。本例はむち打ち損傷にともなう症状が治ったことを喜んで友人と酒を飲んだ3日後に腹痛を起こし、病院で急性虫垂炎の疑いと診断され経過によって手術と言われたため、切りたくないと再度、光線療法を希望して来所したのである。

療法経過: むち打ち損傷はABカーボンを組み合わせ、顔面・後頭部20分、腰・腹・足裏・背に全身照射してから、次に左右膝横から5分照射した。治療を始めてから一連の症状は薄紙をはぐように改善し、全過程65日で治癒と判定し治療を終了した。また急性虫垂炎の疑いには初回は、Bカーボンを使い、右下腹部(集光器)・足裏・腰と全身照射。ついで左右横腹・左右の膝に照射した。また翌日からはABカーボンを用い右下腹部(集光器)・腰・足裏を照射した。照射により症状は速やかに消失したが、念のため6日間治療した。

 

[お問合わせ・ご予約] TEL: (310)320-0500

        [新着情報]

*アーク・サンレイズ

うれしい料金改定のお知らせ!

新料金一覧表、

*日本光線療法協会

「破れた鼓膜が7日で再生!手術回避!」、

「愛犬パールに死の宣告!」
*日本光線療法協会

「奇跡の数々」、「結腸癌が光線で!」

*日本光線療法協会

「子宮癌3期がアーク光線療法で。。!」

日本光線療法協会ホームページ
日本光線療法協会ホームページ

 

               【光の医学研修会】

*4.12.'12(光線シンポジウム)

健康長寿こそアンチエイジング

*4.12.'12(光線シンポジウム)

アーク光線療法と不妊症

*10.13.'11(医学研修会)

化粧品による皮膚トラブル

*6.7.'11(医学研修会)

紫外線はそんなに悪いのか?

*10,8,'10(医学研修会)

アーク光線で温熱療法「期待高まるHSP」

*4.14.'10(医学研修会)

アーク光線療法で睡眠障害とうつ状態・うつ病に克つ

*10,16,'09(医学研修会、2部

インフルエンザ対策とアーク光線療法


*10,16,'09(医学研修会、1部

現代医学に必要なアーク光線療法

*4,8,'09(医学研修会)

花粉症の予防・対策に光線療法が有効

*11,20,'08(医学研修会

免疫応答は自然治癒力の要(自己再生機能と自己防衛機能)

*4,14,'08(医学研修会)

太陽光はガン予防薬!驚きのビタミンD

*10,16,'07(医学研修会)

病が癒えるのは自然治癒力との相乗効果

*11,3,'07(医学研修会)

メタボリックシンドローム

*4,16,'07(医学研修会)

花粉症、アレルギー性疾患

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「光線療法」「光療法」「光治療」「アーク光線」「光医療」「光の医学」「光セラピー」「フォトセラピー」「光線治療器」「光治療器」「光医療器」「カーボンアーク」「アーク・サンレイズ」「全身美容」「セルライト除去」「減量」「痩身」「アンチエイジング」

[Phototherapy] [Photo Therapy] [Light Therapy] [Arksunrays] [Ark Sunrays] [Joint Pain] [back pain] [skin care] [cellulite removal] [anti-aging]