尿管結石 

[Urethral Stone]

■尿管結石、照射して8で結石が出た 

若松フミ子 48歳  宮城県亘理郡山元町大平

私は日頃から光線治療器を愛用している者ですが、平成3510日、深夜11時ごろ、寒気と吐き気がし、腰・背中・腹にかけて激痛が走り、いても立ってもいられなくなったため、右側を上に横になり、右脇腹を中心に光線照射をしました。

BDカーボンで右脇腹2時間、腰1時間、下腹部1時間、それぞれ12回照射しました。その経過ですが、発病した11時ごろから1時間くらい照射していたら痛みがやわらぎ、寒気と吐き気もなくなってきましたが、朝方まで右脇腹と足裏の照射を続けました。よく11日は朝5時から6時まで仮眠、身体が動かせるようになったので子供の弁当と朝食の用意をし、また横になり右脇腹に2時間、腰と下腹部に1時間、足裏1時間照射し、食欲が無いのでお粥を作って食べました。夜7時頃から朝と同じように照射をしました。

512日、昨夜はグッスリ眠ることができました。やや食欲が出てきたのでパンと牛乳で食事。ただ、まだ右脇腹がシクシク痛むので、前日と同様に照射。313日、食欲も正常に戻り、通常通り食事を摂ることができるようになりました。まだ、長い間身体を動かすと腰と腹に痛みを感じます。

517日、午前9時頃から30分程、右脇腹に照射していると下腹部に痛みを感じました。下腹部に1時間くらい照射しているうちに尿意をもよおしました。トイレでは尿と一緒に小豆大の意思が2個と、砂状の物が排泄され、その後はすっかり痛みもなくなり、身体も軽く食欲も出て、毎日家事に追われている現在です。

 

■急性尿道結石症

症例: 27歳  望月桂子

寒くなってくると、どうしてもトイレに行くのを我慢していました。そんなある日の朝、なんとなくお腹が痛いような感じがしたのですが、たいしたことはないとそのまま会社に出勤しました。しかし時間が経つにつれ、トイレの回数が多くなり残尿感と排尿時の激痛がひどくなり血尿もありました。その苦しみは耐えられなく涙が出るほどでした。

即座に病院に行こうと思いましたが、以前頭痛でお世話になったアークメディカルさんを思い出し病院に行く前に電話したところ、おそらく急性膀胱炎か尿道結石だろうと院長先生に言われ、自分で来れるようなら来てみなさいと言われアークメディカルですぐ治療をしてもらいました。

治療中、次第に痛みが和らぐのを感じました。私の実家の両親も先生にお世話になっていて実家にも一台光線器があるので先生が『今日実家に帰って光線器を借りて家で下腹部に照射しなさい。すぐ治るよ』と教えてくれました。『もしそれでも痛いようなら病院に行きなさい』とアドバイスされた私は言われたように自宅で一時間ほど照射しました。

その日のうちに痛みもだいぶ良くなり安心しました。それから続けて同じように5日間照射したら血尿もなくなり、うそのように痛みが消えてしまいました。病院にも行かなくても済み本当に良かったと思います。アークメディカルの先生ありがとうございました。

私の両親もなにかあればすぐ先生に相談しているようです。家族共々ご迷惑をお掛けしますがこれからも私と家族の主治医でいて下さい。

 

■膀胱結石を光線療法で排石した

症例: 54歳  男性

症状: 近頃、尿が近くなり、排尿の終わりに少し痛みがあるので悪い病気ではないかとの間合わせを頂ました。こちらから病院での検査を勧めたところ、しばらく光線療法で様子をみて、治らないようなら病院に行くとの事でした。

療法経過: BDカーボンにて下腹部を60分、下腰部、足裏、膝を30分、そして下腹部は1日に何回でもよいから照射するよう指示しました。1週間後、今度は排尿の際、少し痛みが強くなり、尿には血液が混じり赤くなるようになったけれどこれまで通りの照射方法でよいかとの相談でした。もしかしたら膀胱に結石ができていて、その結石が降りてきて尿道につかえているのではと考え、BDカーボンで何時間でもよいから下腹部に照射する事と、水を多めに飲むように指示しました。さらに1週間ほど経過した頃、電話してみると数日前、排尿の時に、からからと音をたてて便器に結石が落ちたとのことで、その結石は記念に取ってあるので機会があったらお見せするとの事でした。その後全く痛みはなくなり、排尿も問題ないとのことでした。これからは、もうしばらくは下腹部、腰部を中心にBDカーボンで照射を続けるよう指示しました

 

■尿管結石

症例: 45歳  男性

症状: 血尿および背部に放散する側腹部痛のため、病院を受診したところ、そら豆大の結石が尿管上部にあり、手術するように言われたが、光線療法を希望された。

経過療法: BDカーボンで腹部、膝、右横腹、腰部を基本照射。遠方のため通えないので、光線器を購入され、その後は自宅で朝晩2回照射した。3ヶ月で小豆大の排石があり、元気になった。

 

■尿管結石

症例: 30歳  女性

症状: 下腹部から腰や背中に鈍痛を感じ、時にきりきり痛む。そのうちに血尿も起こる。本例は過去に片側の腎臓を摘出している。検査の結果、残腎尿管に結石があり、治療を受けたが、はがばかしくなく、2ヶ月に光線療法を希望して来所した。

療法経過: AABB, ADカーボンを交互に使用して、足裏、足首、膝、背、横腹、下腹部に熱く感じるまで気持ちの良い間照射、特に痛みの激しい部位には一号集光器を用いた。一週間ほどの治療で痛みは殆どなくなり、血尿も出なくなる。1ヶ月後にレントゲン検査を受けたが、結石は排出していた。

 

[お問合わせ・ご予約] TEL: (310)329-0500

        [新着情報]

*アーク・サンレイズ

うれしい料金改定のお知らせ!

新料金一覧表、

*日本光線療法協会

「破れた鼓膜が7日で再生!手術回避!」、

「愛犬パールに死の宣告!」
*日本光線療法協会

「奇跡の数々」、「結腸癌が光線で!」

*日本光線療法協会

「子宮癌3期がアーク光線療法で。。!」

日本光線療法協会ホームページ
日本光線療法協会ホームページ

 

               【光の医学研修会】

*4.12.'12(光線シンポジウム)

健康長寿こそアンチエイジング

*4.12.'12(光線シンポジウム)

アーク光線療法と不妊症

*10.13.'11(医学研修会)

化粧品による皮膚トラブル

*6.7.'11(医学研修会)

紫外線はそんなに悪いのか?

*10,8,'10(医学研修会)

アーク光線で温熱療法「期待高まるHSP」

*4.14.'10(医学研修会)

アーク光線療法で睡眠障害とうつ状態・うつ病に克つ

*10,16,'09(医学研修会、2部

インフルエンザ対策とアーク光線療法


*10,16,'09(医学研修会、1部

現代医学に必要なアーク光線療法

*4,8,'09(医学研修会)

花粉症の予防・対策に光線療法が有効

*11,20,'08(医学研修会

免疫応答は自然治癒力の要(自己再生機能と自己防衛機能)

*4,14,'08(医学研修会)

太陽光はガン予防薬!驚きのビタミンD

*10,16,'07(医学研修会)

病が癒えるのは自然治癒力との相乗効果

*11,3,'07(医学研修会)

メタボリックシンドローム

*4,16,'07(医学研修会)

花粉症、アレルギー性疾患

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「光線療法」「光療法」「光治療」「アーク光線」「光医療」「光の医学」「光セラピー」「フォトセラピー」「光線治療器」「光治療器」「光医療器」「カーボンアーク」「アーク・サンレイズ」「全身美容」「セルライト除去」「減量」「痩身」「アンチエイジング」

[Phototherapy] [Photo Therapy] [Light Therapy] [Arksunrays] [Ark Sunrays] [Joint Pain] [back pain] [skin care] [cellulite removal] [anti-aging]