椎間板ヘルニア

[Spinal disc herniation]

椎間板ヘルニア 、顔のアザ/ 息子の体験が私のアザを消した [NEW]

猪俣一夫 53歳  福島県会津若松市表町

私の息子は現在、社会人として自分の職業に励んでいますが、この息子が大学せいの時に腰の痛みと足のしびれを訴え、福島市内のある病院で診察を受けたところ「椎間板ヘルニアなので手術をしないと良くなりません」といわれ、ショックを受けました。まだ若い息子に手術はさせたくないと思っている時、知人から光線療法を紹介され、神にもすがる思いで光線療法を受けることにしました。

初めて聞いた光線療法、初めて見る光線治療器。本当にこんなので治るのか、と疑問でなりませんでした。ところが、治療を始めて20日間位で完治してしまったのです。本人がまだ若かったせいかもしれませんが、1日朝と夕の2回、風呂に入った後、光線を照射したところ、1週間ぐらいで痛みは薄らぎましたが足のしびれは相変わらず。2週間目に入ると痛みはなくなり、そして3週間目にはしびれもなくなりました。後で分かったことですが、光線が生体の生理機能を正常に保ち、内なる自然治癒力を高める作用を発揮した。。。ということです。

息子については、光線療法を早期実践したお陰で早期完治が得られたと自負しているところであり、治った息子が得意顔で大学に戻って行った時の姿が脳裏に焼き付いています。現在は家族全員で活用しています。

さて息子の体験から私も健康の為、又、お腹の脂肪をとってヤセルことの一つの方法として使用、照射を開始した訳です。照射は基本的に足裏、お腹(ヘソ中心)、肝臓、腰と各1030分、カーボンはAA、AB、AD、BDで行っておりました。ここ1年位は、AD、BDが中心です。照射後、半年くらいで、飲酒後、ときたま鼻血が出ていたことがありましたが、それがなくなった。(当地方では男の鼻血は悪い、と昔から諺の様に言われております)その後、風邪をひきにくくなりました。風邪かなあ・・・と思われると足裏、腰に1時間以上照射すると、翌朝には回復します。光線照射により身体の疲れがなくなり、身体が軽くなった様な感じです。

今年に入って春先頃に約15年ほど共にした、顔面左目際にあった10円玉位の濃灰色の「アザ」が消えた!本当にしらないうちに消えた。。自分でも信じられませんでした。昨年あたりには、家内と相談して、東京のA病院に行ってレーザー光線で治療してこようか、と話をしていた処です。ある日突然、、「アザ」が消えたと云うことは、自分としては不思議であると同時に嬉しく思っておるところです。口で話をすることは簡単ですが、文章で表現するということは非常に難しいことです。皆様にはご理解いただけることと存じます。一口で云うと、肝臓への長期間の光線照射が、効を制したものと思っております。

 

椎間板ヘルニア、アレルギー体質、便秘症 / 曲がっていた腰が“ピン”と伸びた![NEW]

阿部明美 34歳 宮城県仙台市青葉区国見

6年ほど前から腰に痛みを感じるようになり、その後、くしゃみをするたびに激痛が走るようになりました。そのうちに腰が曲がり上半身は左に、下半身は右にねじれて体がバラバラの状態。おまけに痛みが激しく、病院では椎間板ヘルニアと診断され、手術しなければならないということで入院日も決まったのですが、婚約直後だったこともあって手術は断ってしまいました。

体がねじれたままなので、布団で寝ることもできません。痛みに堪えきれず、救急車を呼んで病院に運んでもらったことも再々でした。病院では痛み止めの注射をしてもらうだけ。曲がった体の型に合った自動車のシートに座って、夜を明かしたこともありました。横になって寝ることができなかったのは40日くらいでした。光線療法については以前から話は聞いて知ってはいたのですが、“光線を照射するだけで、こんなにひどい病気が治るはずがない”と思い込んでいたものですから、病院を変えたり、良いといわれるいろんな療法を試してみましたが、さっぱりよくなりません。世をうらんだり、はかなんだり。。。

平成2423日に、“これが最後のチャンスかも知れない”と、ワラにもすがる思いで仙台のサナモア治療院を訪ねました。1日目は1時間半ほど照射したのですが、痛みが一層ひどくなり、“やっぱり光線もダメだったか”と半ばあきらめかけたところ、先生たちから「だまされたと思って1週間続けてみよう」と説得され、わがままを言う私を車に乗せて通院してくれた妹の協力もあって、痛みは徐々にやわらぎ、3週間目にはあんなに醜く曲がっていた腰が、突然「ピン!」と伸びたのです。その時のびっくり仰天した気持ち、うれしい気持ちは、なんと表現していいか分かりません。その後は、自宅近くの測量会社にトレーサーとして勤務するかたわら、購入した光線器で午前5時から7時まで照射、昼食後と午後6時から7時まで照射して、夕食後に再び会社に行き10時まで仕事をするという毎日です。痛みに泣き、落ち込んで暮らしていた日々のことを思い出すと、いったいあの次期はなんだったんだろうと思うこともあります。

光線療法を続けていて、もともとあったアレルギー体質や便秘までもが、今ではすっかり姿を消してしまいました。苦しさを体験し、健康になったからこそ、この健康を維持するためにも光線療法を。。という気持ちで照射を続けています。

 

■椎間板ヘルニア [USA testimonial]

S.K. さん Culver CityCalifornia

私が光線治療を始めたのが、2010129日でした。2年近く、左のヒップの中の焼けつくような痛みと、両足の裏が砂の上を歩いているような、硬い布団がついているような感じで長く歩くと痛くなり、足首から下はいつも痺れていて、触ると痛く靴を履く事とゾウリを履く事がとても辛く感じていました。MRIの結果はLumber Spine Radiculopathyという病名が出ました。日本では椎間板ヘルニアと言うようです。

2回の光線治療に通い13回目の128日頃です、突然、一番辛かったピップの焼け付くような痛みが無くなったのです。それと共に両足の痺れの痛みも半分位になりました。寝返りするにも痛みなし、歩いても痛み無し、立っていても痛くないので毎日が嬉しくて、嬉しくて幸せです。痛みが無くなってから毎日、お腹、背中、足の運動に励んでいます。フィジカルセラピーに通って教えて頂いた運動を毎日30分続けています。光線療法とリハビリを共に続けることで良い方向に治って行くと思います。

2月末に舌の下側に口内炎が出来たので、光線治療の日に顔に光を当てている時、口を開けて舌に光が当たるようにしていました。それから2日目頃、痛みが無く知らないうちに消えていたのです。体に痛みの無いということは、すべてを幸せにします。

 

■ヘルニア

菊池孝子(49歳) 茨城県日立市東多賀町

私が腰痛を感じ始めたのは今から十年ほど前のことでした。痛み出すと薬を塗ったり、あちこちの病院を回ったり、針・灸でも全然効果が無く、痛みも激しくなる一方で、家事もできなくなってしまいました。そして入院。昭和573月ヘルニア手術をいたしました。4月始めに退院、知人の紹介で光線療法と二谷先生に出会うことができ、ご指導していただきました。腰はBカーボン、足裏Aカーボン、腹・背中と照射しました。まず腰の傷跡が大変きれいになってしまい、腰の痛みもなくなり、食事も野菜を沢山食べて適当に運動、お陰さまで普通の人より倍以上に健康な身体になれました。

 

■椎間板ヘルニア  はじめは半信半疑

川崎市 宮治

椎間板ヘルニアと診断され、整形外科に通院しておりました。知人より光線療法がとてもよいとすすめられ、半信半疑で光線治療をはじめました。すると、約2週間で楽に朝、起床できるようになりました。就寝後、数回、トイレに起きていましたが、これがピタリと止まり、安眠できるようになりました。今では腰の方も楽です。これからも健康維持のために光線のお世話になりたいと思います。

 

■腰椎間板ヘルニア

症例: 40歳 男性 調理師

症状: 6ヶ月ほど前から腰上部に激しい痛みと時々臀部に痛みを自覚。立ち仕事であることと、新座市から渋谷までの通勤の負担が特につらかったため、整形外科を受診した。腰椎間板ヘルニアと診断され、鎮痛剤と筋弛緩剤の内服で様子をみるように説明を受けたが、一向に症状が改善しないため、来所した。

療法経過: 左側臥位にて腰部(BB)腹部(AB)膝(BB)脹脛(BB)足裏(AB)と5台全身照射を45分、2回目の治療後、症状は軽くなったが、まだまだラッシュ時間帯での通勤には支障があるとのことであったが、5回終了時点で、ほぼ痛みも感じなくなり元気に通勤も可能となり、仕事に復帰する事ができた。

 

■腰椎椎間板ヘルニア

症例: 42歳 男性 教員

症状: 腰掛けて3分もすると、腰から脚にかけて冷や汗がにじみ出る程の激痛があり、とてもじっとしていられない。病院では腰椎椎間板ヘルニアと診断され手術を奨められたが、嫌だと言って来所した。

療法経過: ABカーボンを使い、腰の患部を中心に背、足裏に照射したが、症状の激しさを裏付けるように少しも熱があがらない。毎日治療して4、5日後には、20-30分腰掛けられるようになった。この間学校は休まずに我慢して通勤したが、薄紙をはぐように良くなったので一週間後から経過観察を兼ねて週一回治療に来所することを条件に自宅治療にした。そして、治療を始めて3ヶ月過ぎる頃にはほとんど全快したが、再発の可能性があるため自宅で光線治療を継続している。

 

■変形性脊髄症、 椎間板ヘルニア

症例: 51歳 男性

症状: 長い間、運転手の職業病である腰痛に苦しめられ、さまざまな治療を受けたがだんだん痛みがひどくなり、仕事にならないので明日入院というときに紹介されて来所した。なお病院で頭書の病名を告げられた。顔色はどす黒くて生気がなく、あちこち内臓も悪いとのことである。

療法経過: ABBCカーボンで、足裏・足首・膝・腰・背・後頭部・喉部・腹と全身に気持ちの良い間、熱く感じるまで照射。特に腰は集光器を使って入念に照射した。翌日、腰痛が明瞭に改善したので入院を見合わせ光線治療を続行する。34日と治療を続けたら背骨に弾力が出て身体が軽く動くようになり痛みを感じなくなった。そのため光線器を購入して自宅で治療を続けたいと相談されさっそく購入。8日目の治療で食欲が増し、顔色も良くなった。治療開始1週間後から会社に出勤した。現在は自宅で照射しながら元気に仕事に励んでいる。なおバランスのよい食事、特にカルシウムを充分にとること、ストレスをためない事を注意した。

 

■腰椎椎間板ヘルニア

症例: 25歳 男性 大工

症状: 仕事中に重いものを持ち上げた際、突然、腰に激しい痛みを自覚、一人で歩行もできず、人に支えてもらい帰宅した。翌日も同様の状態で、2日間安静にして様子を見たが軽快しないため、近くの整形外科を受診。そこで、腰椎椎間板ヘルニアと診断され消炎鎮痛剤と筋弛緩剤の内服で様子を診るように言われたが同僚に光線療法を勧められ来所しました。

療法経過: 治療はBカーボンを使用し、腰部を30分照射した後、集光器を用いて患部をBカーボンで腹部、膝、足裏、をABカーボンで30分重複して照射した。照射後、痛みが和らいできた感じがすると言って帰宅した。翌日から、自宅での光線療法を開始したが基本照射も含めて12回は照射すること。特に患部の腰だけは、朝・昼・夜と13回照射する事を指示した。1日毎に痛みは軽くなり、4日目には仕事に復帰し軽作業は可能となった。1週間後、それまで時々感じていた痛みも消え、毎日自宅で腰部を1時間照射する治療を1ヶ月間続けた頃、どんな作業も支障なくできるようになった。現在、発症から2年になるが再発は認められない。

 

■椎間板ヘルニア、 疲労回復

症例: 47歳 男性 大沢一史

症状: 私は昨年の6月頃から、足がしびれる様になりました。症状が次第に悪化してきたので、病院に行きMRI検査をしてもらったところ、椎間板ヘルニアと診断されました。12月頃まで病院でブロック注射をしてきましたが、一向に良くなりませんでした。特に寒い朝などは、腰に激痛が走り起き上がることも出来ないほどでした。病院から手術を勧められていたのですが、手術の怖さと術後のリハビリ等を考えると、仕事や家族の事など簡単なことではなく困っていました。そんな時、知人から光線療法のアークメディカルさんを紹介してもらいました。説明を聞いて半信半疑でしたが、「手術などしなくても治るなら」と思いさっそく治療をしてもらう事に決めました。最初の回数はあまり効果を感じませんでしたが、続けて治療を重ねるうちに、次第に痛みとしびれがとれていくのがわかりました。数十回行ううちに痛みをほとんど感じないところまで回復する事ができました。その後は、予防と再発のことを考え、又いつでも手軽に自宅でも光線療法ができるようにと家庭用光線器を購入しました。今では私だけでなく妻や母の疲労回復まで、家族全員で幅広く活用しています。

激痛で起き上がれなかった状態から、まだ若干痛みがあるものの、仕事ができる体に回復できたのは光線療法のおかげと思い、これからも照射を続けて行こうと思います。

 

■椎間板ヘルニア

症例: 38歳 男性

症状: 以前より椎間板ヘルニアの診断で、これまでにも様々な治療を受けたが、経過は良かったり、悪かったりで、はかばかしくなく来所された頃は、3-5分腰掛けていると、冷や汗がでるほど苦しがっていた。

療法経過: ABカーボンにて、足裏・膝・腰部・腹部に全身照射。さらに腰に30分を照射した。なお仕事は休まなかったが、1週間でだいぶ楽になったので、2週間目より自宅で治療を続けることにした。治療を開始して2-3ヶ月で、症状はほとんど自覚しなくなったが、完全によくなるまで6ヶ月を要した。

 

■椎間板ヘルニア

症例: 23歳 女性 学生

症状: 1ヵ月前より腰痛を自覚し徐々に痛みが増強し、左下腿外側にしびれと左足拇指の感覚障害を認め、MRI検査を受ける。第3腰椎以下の2ヶ所に椎間板ヘルニアを指摘され、手術を受けるよう説明された。しかし、手術を避けたいとの希望で光線療法を受けたいとのことでしたが、歩行も困難な状態でした。

経過療法: ABカーボンで足裏、膝、腹部、背部の基本照射。大腿部、左臀部、後頭部、顔に10分。AAで左足拇指にBBで腰部に30分、さらに左下腿外側にABで20分。なかなか腰痛が改善しなかったが、6回目からは時間を30分長くした。10回終了後から左下肢のしびれが痛みに変わって来た。15回目から痛みが軽快し、25回でほぼ痛みもなくなり、光線の効果に感嘆されていた。

 

[お問合わせ・ご予約] TEL: (310)329-0500

        [新着情報]

*アーク・サンレイズ

うれしい料金改定のお知らせ!

新料金一覧表、

*日本光線療法協会

「破れた鼓膜が7日で再生!手術回避!」、

「愛犬パールに死の宣告!」
*日本光線療法協会

「奇跡の数々」、「結腸癌が光線で!」

*日本光線療法協会

「子宮癌3期がアーク光線療法で。。!」

日本光線療法協会ホームページ
日本光線療法協会ホームページ

 

               【光の医学研修会】

*4.12.'12(光線シンポジウム)

健康長寿こそアンチエイジング

*4.12.'12(光線シンポジウム)

アーク光線療法と不妊症

*10.13.'11(医学研修会)

化粧品による皮膚トラブル

*6.7.'11(医学研修会)

紫外線はそんなに悪いのか?

*10,8,'10(医学研修会)

アーク光線で温熱療法「期待高まるHSP」

*4.14.'10(医学研修会)

アーク光線療法で睡眠障害とうつ状態・うつ病に克つ

*10,16,'09(医学研修会、2部

インフルエンザ対策とアーク光線療法


*10,16,'09(医学研修会、1部

現代医学に必要なアーク光線療法

*4,8,'09(医学研修会)

花粉症の予防・対策に光線療法が有効

*11,20,'08(医学研修会

免疫応答は自然治癒力の要(自己再生機能と自己防衛機能)

*4,14,'08(医学研修会)

太陽光はガン予防薬!驚きのビタミンD

*10,16,'07(医学研修会)

病が癒えるのは自然治癒力との相乗効果

*11,3,'07(医学研修会)

メタボリックシンドローム

*4,16,'07(医学研修会)

花粉症、アレルギー性疾患

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「光線療法」「光療法」「光治療」「アーク光線」「光医療」「光の医学」「光セラピー」「フォトセラピー」「光線治療器」「光治療器」「光医療器」「カーボンアーク」「アーク・サンレイズ」「全身美容」「セルライト除去」「減量」「痩身」「アンチエイジング」

[Phototherapy] [Photo Therapy] [Light Therapy] [Arksunrays] [Ark Sunrays] [Joint Pain] [back pain] [skin care] [cellulite removal] [anti-aging]