胃癌 (いがん)

[Stomach (gastric) cancer] 

■胃の悪性腫瘍   一族の希望の光 

鎌田喜美男 56歳 宮城県岩沼早股

昭和6311月の職場の検診でひっかかってしまいました。胃カメラを覗いていた医師が「タコ足ポリープがあります。大分悪いので、すぐ手術しましょう」と言うのです。ところが、年末にかけてお客さんを招いての宴会が立て込んでいる時期でもあり、それらが一段落した12月末に精密検査を行うことにしたのです。

そんな中で光線療法に出会いました。検査までの間に心配した妻と、妻の兄夫婦に誘われて仙台市のサナモア光線治療院を訪れ初めて光線照射を受けました。最初は光線で病気が治るなら医者はいらないとまったく信用していませんでした。治療を受けたのも妻や兄夫婦への義理だったのですが、帰りのドライブインで食べた食事の美味しかったこと。そこで一つの手応えを感じました。

12月に6回照射し、年末に病院で検査を受けました。すると担当医が首をひねりながら「ポリープが無くなっています。一体どうしたんだろう」とビックリしています。私自身も胃カメラのモニターを見て、その効果に驚きました。さっそく光線治療器を購入して毎朝一時間の照射を続けていますが、胃に異常は認められません。

さらに素晴らしい事に、風邪を引かなくなりました。また、それまでは酒も結構飲んでいたのですが、光線を照射するようになってからは、酒を飲みたいという気がしなくなりましたし、飲んでもすぐに酔ってしまい、量は少なくなりました。体質が変化してきたのか、と思っています。

私は七人兄弟ですが、今ではこの7人全員が光線治療器を購入し、励まし合いながら光線照射を続けています。姉が膀胱腫瘍の治療に効果を上げており、酒のために身体全部にガタがきていた兄がすっかり元気になったほか、姑も肥満からいろいろと病気がちだったのが顔色も良くなってきました。

光線治療器は、今では私ども一族にとって無くてはならないものになっています。

 

■胃の腫瘍  手術はイヤ、といって命は惜しい

鈴木信也 48歳  山形県東村山郡中山町

平成29月に、前から胃の調子が良くないので、寒河江市の成人病センターで精密検査を受けました。その結果胃の中に大豆代の3つの腫瘍がみつかり、医師からはすぐに切除しようといわれました。しかし、私は手広く寝具の販売をしており仕事が忙しく、とても入院・治療できる時間がありません。

医師に「薬で治す方法はないのか?」と尋ねたところ、腫瘍が大きく、3つもあるので薬だけでは無理、とのことでした。とりあえず、入院するためには仕事の都合をつけなければならないので、手術の確約はせずに帰ってきました。仕事は忙しいし、手術はイヤだが、といって命は惜しいし、どうしたら良いのか思案にくれてしまいました。

ふと思い出したのが、山形で光線治療をしている鈴木先生が「自分の兄の食道にできた癌が光線で良くなった」と話していたことでした。すぐに相談にうかがいました。そこで先生のお兄さんの例を詳しく聞いてみますと、食べ物を飲み込む時に喉にひっかかる感じがし、熱いものは沁みる状態。これは!と思い、鈴木先生とも相談、癌の恐れがあるということで、このまますぐに病院に行くのが怖く、少しでも良くなってから行きたいと、妻の腰が曲がらなくなった時に購入した光線治療器があったので12台で8時間照射、2週間後には喉のつっかえるような感じがなくなった、というのです。

私も早速、治療器を求め、2台で腹と腰、足裏と膝に11時間から2時間照射してみました。なんとなく体調が良くなってきたような気がしたのは、2週間目ぐらいからでした。それから約2ヶ月間、照射し続けました。本当に良くなってるのかどうか心配です。でも、何日もかかるような検査では仕事に支障がでますし、検査結果が早く分かる病院が宇都宮にあると聞いて出かけました。家族には「オレはもう家に帰ってこれないかもしれない」と言い残して・・・。宇都宮のT病院。検査が終わりその結果が告げられました。医師はけげんな顔で私に問いかけました。「胃の中は大変きれいですよ。どうなさったのですか?」・・・と。

 

■胃癌の転移

症例: 73歳 男性 会社員

症状: 1年前に胃癌を指摘され、胃の全摘手術を受けた。術後2年目に入り、食道と肺の一部に転移していると診断されたため光線療法で治したいと来所された。

治療経過: 平成118月より光線療法を開始した。最近、BDカーボンを用いて全身照射した。状態が少し改善してからABカーボンに替えた。はじめ左胸部(食道と左肺ガン)、腹部、膝、足裏を同時に照射、胸部、腹部を中心に毎日続けた。徐々に食欲も改善してきて、調子もよくなり翌年の2月には体重が3kg増加し8月には病院の検査でも異常は認められなかった。現在も続けて週1回以上光線療法を行っているがとても良好に経過している。

 

■肺ガンの術後管理

症例: 48歳 男性

症状: 患者は8年前に肺癌の為に入院し、手術を受けた。当院へは退院した直後から今日まで、光線療法による術後管理の相談を兼ねて定期的に来院しているが、日常は指示に基づいて自宅で治療を続けている。なお、患者にはガンは告知されていない。初診時の主な訴えは、手術後も時々咳が出て、咳き込むと息苦しく、ひどい体力の衰えを感じ、働くことに全く自信がないことなどであった。家族は、一般状態の回復と、出きるものならガンの転移を防ぎ、多少でも延命効果のあがることを期待していた。

療法経過: 最初に来院した時は退院してから日が浅く、体力の衰えも目立ったので、まず一般的なAカーボンを使用した。照射部位ならびに時間は尻(肛門)10分、顔5分、喉5分、腹、足裏、背中、液の下左右、肩左右、脇腹左右10分、膝の横左右5分と照射部位を変えながら毎日1回を基本としたが、このような症例の場合、転移を起し易い部位を含めて全身に照射する必要がある。この治療を3ヶ月続けたところ、患者の一般状態に明らかに改善し、体力もある程度は回復して自信も出てきたので、後は自宅療法に切り替えることにした。それから現在まで8年間、ADカーボンやBDカーボンを用い、指示に従って日課として熱心に全身への照射を続けている。なお、今も手術を受けた病院で経過観察中であるが、状態は良好で何処にも転移を認めないとの事である。

 

[お問合わせ・ご予約] TEL: (310)329-0500

        [新着情報]

*アーク・サンレイズ

うれしい料金改定のお知らせ!

新料金一覧表、

*日本光線療法協会

「破れた鼓膜が7日で再生!手術回避!」、

「愛犬パールに死の宣告!」
*日本光線療法協会

「奇跡の数々」、「結腸癌が光線で!」

*日本光線療法協会

「子宮癌3期がアーク光線療法で。。!」

日本光線療法協会ホームページ
日本光線療法協会ホームページ

 

               【光の医学研修会】

*4.12.'12(光線シンポジウム)

健康長寿こそアンチエイジング

*4.12.'12(光線シンポジウム)

アーク光線療法と不妊症

*10.13.'11(医学研修会)

化粧品による皮膚トラブル

*6.7.'11(医学研修会)

紫外線はそんなに悪いのか?

*10,8,'10(医学研修会)

アーク光線で温熱療法「期待高まるHSP」

*4.14.'10(医学研修会)

アーク光線療法で睡眠障害とうつ状態・うつ病に克つ

*10,16,'09(医学研修会、2部

インフルエンザ対策とアーク光線療法


*10,16,'09(医学研修会、1部

現代医学に必要なアーク光線療法

*4,8,'09(医学研修会)

花粉症の予防・対策に光線療法が有効

*11,20,'08(医学研修会

免疫応答は自然治癒力の要(自己再生機能と自己防衛機能)

*4,14,'08(医学研修会)

太陽光はガン予防薬!驚きのビタミンD

*10,16,'07(医学研修会)

病が癒えるのは自然治癒力との相乗効果

*11,3,'07(医学研修会)

メタボリックシンドローム

*4,16,'07(医学研修会)

花粉症、アレルギー性疾患

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「光線療法」「光療法」「光治療」「アーク光線」「光医療」「光の医学」「光セラピー」「フォトセラピー」「光線治療器」「光治療器」「光医療器」「カーボンアーク」「アーク・サンレイズ」「全身美容」「セルライト除去」「減量」「痩身」「アンチエイジング」

[Phototherapy] [Photo Therapy] [Light Therapy] [Arksunrays] [Ark Sunrays] [Joint Pain] [back pain] [skin care] [cellulite removal] [anti-aging]