腰痛・重症腰痛症 

[Low back pain]

30年来の腰痛が軽快 [NEW]

症例: 59歳 男性 建設業

症状: 30年以上前から腰痛に悩み様々な治療を試みてきたが、一向に改善せずあきらめの境地であった。特に仕事が重なると、重い鈍痛としびれが増強し、腰椎の左側にはピンポン玉大のしこりを触れていた。整形外科の医師から、しこりは悪性のものではないので手術には及ばないとの事で、ブロック注射を繰り返し、鎮痛薬と湿布を処方されるのみであった。その頃、知人の勧めで来所した。

療法経過: 初めに整体で患部及び全身をほぐしてから光線療法を開始。腰椎部(AB)下腹部(BD)20分、向きを変えて腰椎部(BC)(AB)20分。さらに全身を基本照射で40分照射。週に2.3回のペースで治療を開始したが、3ヶ月過ぎた頃、頑固な腰痛が信じられないほど軽くなっていることを実感できた。8ヶ月過ぎには、しこりも消え、痛みもしびれもほとんど自覚することはなくなった。現在は月に1度の治療を続けているが良好に経過している。


変形性腰椎症による下肢のしびれが解消 [NEW]

症例: 73歳 男性

症状: 変形性腰椎症(4、第5腰椎)を患い入院治療したが、退院後も腰痛や下肢のしびれが改善せず、軽い運動を行ったところ、かえって症状は悪化。光線療法で治したいと来所した。

療法経過: BBカーボンで腰部を痛みが改善するまで照射し、さらに股関節、膝、膝裏、足裏に各20分を自宅で行うよう指示した。カーボン購入に定期的に来所していたが症状は徐々に軽くなっていた。2ヶ月を経過した頃、BCカーボンに変更するよう指示。さらに3ヶ月後には腰痛と下肢のしびれはほぼ解消したし、不思議なことに手指のしびれまで治ってしまったと喜んでいた。

 

■「有難う光線!」 腰痛股関節痛肩痛鼓膜損傷

[Lower back pain] [Hip joint pain] [Shoulder pain] [Eardrum damage]

豊富公子さん(60代) Santamonica, California

私には30年以上の腰痛、8年以上の股関節痛、2年以上の左肩痛がありました。試しにアーク光線を3ヶ月あててみました。その後6ヶ月が経つがこれらの痛みから解放され、特に階段の上り下り、立ったり座ったりなどの日常生活に支障が無くなった事は、光線療法に感謝!感謝!であります。

この光線療法が私にとって極めつけとなったのは、2ヵ月半前に、自分の不注意により耳掻きで左耳の鼓膜に大穴を掘るという傷を付けたため、全く左耳が聞こえなくなりました。医者から1ヵ月後に手術を行うと言われ、藁を掴む思いでアーク光線クリニックに再度駆け込んだ。1ヵ月後の手術前診察で、良くなってるようなのでもう1ヶ月様子を見ましょう、とのこと。その間も光線を当て続けました。そして運命の日、治ってるので手術しなくても良い、とのこと。「有り難う光線!」と思わず心で叫んだ。

先生をはじめ、スタッフの皆さんの暖かい声援とお心遣いにも随分助けられました。本当にありがとうございました。

 

花粉症骨折後遺症腰痛アトピー/ 「奇跡の数々」

[Allergic rhinitis] [Bone fracture] [Lower back pain] [Atopic dermatitis]

榎本佳司(58歳)

私が「やすまんせ」の志田先生のところに通い出したのは、平成21年春先のことで、アーク光線が花粉症に良いと紹介され通院いたしました。アーク光線を知るまでは、毎年春先のこの時期には点眼薬、点鼻薬を処方してもらい、ぐしゅぐしゅの辛い毎日を過ごしておりました。また、花粉症の治療を重ねるうちに自分の体に、ある変化が出ているのを実感するようになりました。

私は12才の時に左手首を骨折し、骨が外に飛び出すほどの重傷でした。治療後、リハビリの甲斐もなく、握力が低下し(握力20)手首も正常な動きが出来ない、そんな状態が続いておりました。

29歳の時には野球で左足くるぶし及びスネを複雑骨折し、入院手術、術後1年間装具固定をして治療しました。その影響で左足首の可動範囲が限定され、なおかつリハビリ過程の影響として、筋力の衰えつま先及び爪の変形変色、雨の日には当然のように足首が痛み、好きなゴルフのプレー後半には片足を引きずらざるを得ない状況や、和式トイレの不便さや数々の弊害に悩ませ続けられていました。

さらに45歳の時にスキーで転倒して左肩にヒビが入り、治療するも、肩の筋力が衰え腕に力が入らず、必死にリハビリをしましたが元の状態に戻ることはありませんでした。また、腰を痛めやすい体質(持病)であったので、様々な腰痛治療にも通っていました。

こんなボロボロの身体がアーク光線治療を受けることによって、どんどん改善されてきたのでした。ウソの本当の話ですが、驚きの事実です。今までの不具合箇所が全て改善されたのです。足首も曲がり、変形変色も改善され、握力も38まで復活し、足、肩、手首の筋力も回復し、徐々に正常に動くようになり、あれだけ何年も悩まされてたのがウソのようです。

今ではゴルフプレーの後半にも全く痛みも出ず、雨の日も痛みなく、和式トイレも全く苦にならなくなりました。これは志田先生のところに通い続けた結果であり、継続することで全ての機能回復につながり、志田先生の情熱が驚くべき効かを発揮したと考えます。また、腰痛もなくなってしまい、この驚くべき効果は何と説明したらよいのでしょうか。

まさに、驚くべき「アーク光線療法」&「整膚」パワーの相乗効果!オーマイゴット!

その後も、私は不運にも怪我をしやすい運命なのか怪我をしても必ず治してもらえる志田先生がいる安心感もあり、細かな怪我を繰り返しては、志田先生に治してもらっておりました。

私は志田先生に全幅の信頼を寄せていて、自分の治療体験からいろいろな人を紹介させていただきましたが、他の紹介者の中には、重度のアトピー患者さんがおり、ほかの治療法では全く改善されない方が完治もしました。その他にも、今まで何の治療を行っても改善できなかった慢性疾患や辛い症状で悩んでいた方が治られ、皆さん大変に喜ばれていることを追記させていただきます。

私がどのように改善されたかを書き記すことが出来たことは最高の喜びであります。

益々のアーク光線療法並びに志田先生ご夫妻がご隆盛であられますようにご祈念申し上げます。

療法士コメント:

始めて体験する方の殆んどが「アーク光線療法・・・?」と、半信半疑でこられた時の顔と、笑顔で帰られる時の顔が全く違います。アーク光線療法は、こんなにも「心も体も温める」感動を生み出す、この上ないとても素晴らしい療法です。想像以上の効果を実感される方がほとんどです。うれしい体験は数えきれないほどですが、一人でも多くの方が癒され元気になられることを念じながら「アーク光線療法」に取り組んでいます。お客様の元気になる笑顔は私達にとっても同じ喜びです。

療法士 志田信一

 

腰椎分離すべり症  ひどい腰痛に悩まされ

 後藤志津子 29歳  宮城県宮城郡利府町菅谷

腰の痛みがひどく、我慢できなくなり光線治療を始めたのが平成28月中旬のことでした。以前から身体の不調を感じて病院にも行きましたが、貧血とか、膀胱炎、腎臓結石の疑いありとか、胃下垂とかいわれてきました。それも確かにあったのだと思いますが、そうこうしているうちに8月の中旬、会釈もできないほど腰痛がひどくなり、病院でレントゲン撮影の結果、腰椎分離すべり症と診断されました。

治りにくい病気なので、半年から一年は入院するよういわれましたが、仕事を休むことができないので、コルセットで固定し、通院することで認めてもらいました。でも、本当に治るかどうかは保証できないし、治るにしても時間がかかるということでしたのえ、母に話すと、家に光線治療器があるので「すぐに照射するように」というのです。

しかし、私は「光線で治るはずがない」と光線療法を信じていませんでしたが、15分だけ照射してみました。すると、痛みがなくなり、次の日の午前中も痛みがなく仕事をすることができました。それで、少し信じて照射する時間を延ばしました。

コルセットも暑いのでつけたりつけなかったり、また病院の方も仕事が忙しくて時間的に規則的な通院が難しいため薬をもらうだけでした。薬も忘れて飲まなくなり、家に帰ると光線治療器の照射を毎日続けるようになりました。3ヶ月ほどしてから病院に行ってレントゲンを撮ってもらったところ、骨ができているということで、医師も「通院もあまりしないのに、どうしてこんなに早く良くなってきているのだろう」と不思議そうでした。

それから5ヶ月後、会社の健康診断で腰椎分離すべり症です、と話したところ「本当ですか?骨には異常はありませんよ」といわれました。治らないかも…といわれた病気が治ったことで、今では光線療法を信じ、そのお陰と思っております。

 

■あれほど痛かった腰が!  60歳 望月  農業

数年前に、長年わずらっていた腰痛を病院でレントゲンを撮ってもらったところ、背骨の軟骨が薄くなってそれが神経にあたり痛みを感じるのだと医者に言われました。腰を悪くした原因は、家業が農家の為、若い頃から重たい荷物を背中でかつぎ、持ち運びしていたので腰や膝に負担がかかり、少しずつ背骨が擦り減ってしまったのだと思います。腰が痛くてまっすぐにしていられず、いつもからだが前かがみになりコルセットをつけ毎日苦痛の日々でした。昨年、義娘にその事を話したところ、いつもお世話になっているアークメディカルの先生に相談してみようと言われ、初めて光線療法というものを知りました。『光線で腰痛はなくなり、擦り減った骨も再生する』と聞き、やってみようかと思いましたが、私には治療院まで通う時間も手段もありませんでした。そんな中、義娘の実家のご両親が光線器を持っていて、私を案じて頂き大切な機械を2ヶ月程貸してくださったのです。毎日足の裏・膝・腰を教わった通りに照射したところ、あれほど痛かった腰が背伸びをしてもあまり痛さを感じなくなり、一年中つけていたコルセットもゴムのサポーターにかわる程良くなりました。その後、お借りしていた機械をお返しした後『せっかく良くなった腰もまた悪くなるのでは』と思いながら過ごしていたところへ、私にとってこの上ない朗報が入ってきました。それは、家を離れて暮らしている長男婦人が、なんと私の為に光線器を一台購入してくれたのです。私にとっては今までの人生の中で最大の贈り物でした。もちろん、息子の安月給も知っていますし、自分達の欲しい物も我慢している生活も知っています。息子夫婦が私の身体を想ってくれる気持ちがとてもうれしくてその日は無邪気にも機械を使ってみては、キレイに磨いたりして何時間も子供みたいにはしゃいだものでした。今では、腰もすっかり良くなり楽しく旅行にも行け、現在はお茶の時期で毎日茶摘みに出かけています。

この場をお借りして大変恐縮ですが、一言お礼を述べさせてください。いろいろと指導して頂いたアークメディカルの先生、大事な機械を心よく貸してくださった実家の両親、私に最高の贈り物をしてくれた息子夫婦、ありがとうございました。心より厚くお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

■46歳  男性

数年前から腰痛を我慢していたが、仕事中に腰部の激痛に襲われたため車で運ばれてきた。

来所時、付き添いの人の手を借りてやっと寝台に横たわったが、脊髄に歪みがあり周辺の軟部組織は硬直していて、とても動ける状態ではなかった。直ちに治療を始めたが、ABカーボンで足裏・足甲・足首・膝・腹・大腿部・鼠軽部・ふくらはぎアキレス腱の周辺をBCカーボンで腰・背・肩甲部・後頭部を必要に応じ集光器を使い、気持ちよく間暑く感じられるようになるまで照射した。特に腰の周辺を丁寧に照射したが5日間続けてやっと温かさを感じるようになり楽になった。その頃から眠って返事をしなくなったが、その後1時間ほど照射して一旦治療を打ち切った。それから20-30分して患者が目覚めたので、いろいろ動かしてみたが楽に動くので、歪みを矯正してから運動をさせ治療を終えた。10回程で症状は見違えるように改善した。

その後は奥様の膝に水が溜まる病気の治療を兼ねて治療器を購入し自宅で治療した。

それから半年以上になるが再発はしていない。(初回治療が終わってから車を呼びましょうといったのですが、歩いて様子をみると、1人でお帰りになりました。翌朝出社したら『工場長、大丈夫ですか?』と心配されたそうです。なお食事のバランス、カルシウム摂取、ストレスに注意するように話しました)

 

■腰痛が1週間で治る  市川市  服部福三郎

それこそ昔ですが、昭和38年に今は亡き母の肩こりのため、光線治療器を購入。当時は、私としてはあまり期待していませんでした。しかし夫婦でギックリ腰を病んだ時、さっそくABカーボンで照射したところ、1回で痛みが半減し1週間で完治しました。以来、光線器をかたときも手放すことが出来なくなりました。今でも変わらず、光線器のお世話になっております。

 

■変形性腰椎症 

症例: 70歳 男性

数日前から急に立ち上がる事が困難となったため、2箇所の大学病院で精密検査を受けたところ、第3・第4腰椎に変形が認められ変形性腰椎症と診断された。両病院からは現状で治療法は手術しかないと説明されたがどうしても手術をうけたくなかったため、光線療法で治したいと来所した。

療法経過: 治療はBCカーボンにて腰部60分照射後、足裏・膝・背・後頭部を20分腹部はABカーボンにて20分照射した。翌日からは在宅での光線療法を開始。患部である腰への照射は1日何度でも施行するよう指示したが、1ヶ月半後に症状はかなり改善したとの報告を受けた。更に今後は、BCカーボンを主に時々BDカーボンに変えて、腰をしっかり照射することを繰り返し指示した。毎日腰に6時間前後の照射を続け6ヶ月後にはほぼ以前と同じ程度の日常生活をおくれる程にまで改善し、光線療法の有難さをつくづく感じました。

 

腰痛、脳出血、リューマチ、蓄膿症、魚の目、水虫 / 我が家のサナモアはフル稼動

宮崎珠子 56歳 福岡県粕屋郡粕屋町

サナモア光線が我が家にきましてから、はや15年になります。その間、随分と助けられ、次女の嫁入り道具にも加えてやりました。そもそも光線との出会いは、母の背中がS字型に変形しているため腰痛がひどく、接骨院などに通ったりいろいろな治療を受けても一向に良くならないことから光線を照射しました。今ではサナモアに頼りきり、光線療法を日課にしており、ABカーボンで尾てい骨から腰、背中、お腹に当て続けています。腰は90度に曲がっていますが、85歳の現在も元気に過ごしております。主人も5年前に脳出血で倒れ、左上下肢まひの後遺症が残りましたが、サナモアとリハビリのお陰で余病を併発することなく、腎機能の低下や内反足も現在までありません。ABカーボンで足先、足首、膝、下腹部、腰、背中、左肩、首、後頭部、頭と約2時間半ぐらい治療しています。内科検診を半年に1度行ってますが、「病院に来ても薬ももらわずに帰るのはあなたぐらいですよ」と先生に言われるほどです。前田先生の食事指導に従い、玄米食に手作りのみそと豆乳、自家製の無農薬野菜を取り入れてますが、このことも見逃せないと思います。娘のところも、3人の孫たちが風邪をひいたなと思ったら、すぐにABで足の裏、腰、お腹にかけショウガ湯を飲ませるそうです。熱を出したら豆腐パスタを額にはり、光線を足と腰、背中にかけると、翌日にはけろっとと良くなり、元気に幼稚園に行っています。私も20年前に手術した蓄膿症がさっぱりせず、嗅覚が利かずに困っていましたが、ABやADで後頭部と目の下の部分に15分ずつ、集光器をつけて光線をかけていましたら、いつの間にか良くなってしまいました。また、主人の妹は、若いころにリューマチにかかり、いろいろな治療と薬を試してきましたが良くならず、足先は変形して手も固くなり、夜はうずいて眠れないほどだと聞いたので、お見舞いにサナモア光線器を贈りました。もう8年になりますが、その間、毎日休まずに治療を続けた結果、どんなに天気の悪い日でもうずくことがなくなったと感謝されています。家で好きな時に治療ができ、持ち時間もいらないのですから、本当に便利で、我が家のサナモアはフル活動です。 続いていれば、いつの間にか調子が良くなっているだけでなく、足の裏にかけていたら、魚の目や水虫まで良くなっているのですから、得をした気分です。押入れに片付けたり、高いところに乗せたりせず、手近なところに置いて、ちょっとの時間を利用して根気良くこまめに治療するのが何よりです。これからは治療だけでなく、健康を維持するために、サナモアをもっと活用し、元気な日々を送りたいと思っております。

 

腰痛、膝痛、痔 / 病弱の身がヨーロッパ旅行まで出来た

永田千代子 68歳  佐賀県鹿島市牟田

私はと痔が悪く、加えて膝に水がたまり、正座は全くできず何かの催しがあっても欠席ばかり、苦しい思いをしておりました。鳥栖千寿院の田中先生から、「そんなに苦しいのなら福岡の前田先生がやっているサナモア光線治療院に行ってみなさい」と紹介されたのが光線療法と私の出会いでした。

佐賀県鹿島市から福岡までは遠距離なので、津屋崎駅前に住む娘の嫁ぎ先から南福岡春日市の前田先生の治療院へ通いました。その6日目、先生から通院は何かと不自由だろうから、と治療器購入を勧められ、主人の了解を得たうえで購入いたしました。昭和625月のことでした。それからというもの、毎日治療に専念し、それまでは月に23度は必ず行っていたマッサージの必要もなくなり、も膝も、痔も治ったり軽くなったほか、打撲傷の後遺症で時々起こっていた頭の痙攣も薄らぎ、日々の生活も頑張りがきくようになってきました。

主人も膝に水がたまり、時々は前立腺肥大が出ていましたが、毎日入浴後に光線を照射、すっかり良くなりました。昭和62年の10月には、主人、私、息子の3人でヨーロッパ14カ国をレンタカーで45日間にわたり観光旅行してきましたが、それほどの疲れも感じずに元気で帰ってきました。その後も光線療法は続けており、私も68歳になりましたが、編物の針通しも眼鏡いらず、毛髪も一度も白髪染めのお世話になったことはありません。主人ともども光線療法のお陰だと感謝して暮らしています。

 

[お問合わせ・ご予約] TEL: (310)320-0500

        [新着情報]

*アーク・サンレイズ

うれしい料金改定のお知らせ!

新料金一覧表、

*日本光線療法協会

「破れた鼓膜が7日で再生!手術回避!」、

「愛犬パールに死の宣告!」
*日本光線療法協会

「奇跡の数々」、「結腸癌が光線で!」

*日本光線療法協会

「子宮癌3期がアーク光線療法で。。!」

日本光線療法協会ホームページ
日本光線療法協会ホームページ

 

               【光の医学研修会】

*4.12.'12(光線シンポジウム)

健康長寿こそアンチエイジング

*4.12.'12(光線シンポジウム)

アーク光線療法と不妊症

*10.13.'11(医学研修会)

化粧品による皮膚トラブル

*6.7.'11(医学研修会)

紫外線はそんなに悪いのか?

*10,8,'10(医学研修会)

アーク光線で温熱療法「期待高まるHSP」

*4.14.'10(医学研修会)

アーク光線療法で睡眠障害とうつ状態・うつ病に克つ

*10,16,'09(医学研修会、2部

インフルエンザ対策とアーク光線療法


*10,16,'09(医学研修会、1部

現代医学に必要なアーク光線療法

*4,8,'09(医学研修会)

花粉症の予防・対策に光線療法が有効

*11,20,'08(医学研修会

免疫応答は自然治癒力の要(自己再生機能と自己防衛機能)

*4,14,'08(医学研修会)

太陽光はガン予防薬!驚きのビタミンD

*10,16,'07(医学研修会)

病が癒えるのは自然治癒力との相乗効果

*11,3,'07(医学研修会)

メタボリックシンドローム

*4,16,'07(医学研修会)

花粉症、アレルギー性疾患

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「光線療法」「光療法」「光治療」「アーク光線」「光医療」「光の医学」「光セラピー」「フォトセラピー」「光線治療器」「光治療器」「光医療器」「カーボンアーク」「アーク・サンレイズ」「全身美容」「セルライト除去」「減量」「痩身」「アンチエイジング」

[Phototherapy] [Photo Therapy] [Light Therapy] [Arksunrays] [Ark Sunrays] [Joint Pain] [back pain] [skin care] [cellulite removal] [anti-aging]