膝痛 (ひざつう)

[Knee pain / Osteoarthritis]

変形性膝関節炎、中性脂肪 / 光線で体質改善なる [NEW] 

石井一男 64歳  福島県会津若松市門田町

昭和63年まで約2年間、変形性膝関節炎で外科病院に通院、治療していました。注射は一時的に痛みをしのぐだけで、これ以上注射しても骨が脆くなり骨粗鬆症の原因になるばかりで、療法としてはまず安静にすることが大切、と医者に言われました。そうこうしているうちに、この年の6月ごろ親しい友人に光線療法を紹介されました。

サナモア光線の斉藤先生に診ていただき、10日間ほど毎日照射を続けました。そのうち徐々に傷みが取れ、歩行すら楽になってきました。さっそく、光線治療器を購入し朝晩15分から30分照射、作業労働にも耐えられるように治っていました。

また、内科関係では、昭和604月ごろから自発的に年45回、生化学検査、血液検査を自分の健康管理のために行っていますが、光線療法を始める前は中性脂肪、血糖値、血圧ともに高かったのですが、足裏と膝関節に照射、さらに動脈硬化防止のために頚椎に30分程度、寝る前に照射していたところ、平成2104日の検査報告書では、コレステロールはもとより中性脂肪が正常になっており、肝臓機能も治っていることが分かりました。

他に医療行為は受けておりませんので、まさに光線療法の優れた効果に驚きました。参考までに、生化学検査報告書の中性脂肪の一部を紹介します。

光線照射前

 S63/3/8 中性脂肪 252

光線照射中

 H2/10/4 中性脂肪 112(正常値は43167

今日でも体質の改善に膝関節、頚椎の照射を続けています。

 

老人性白内緒及び右目角膜損傷、変形性膝関節症/ 失明を免れて [NEW]

兼子謙五 60歳  山形県最上郡最上町大字富沢

若い時に膝に怪我をした後遺症でしょうか、50歳を過ぎた頃から、季節の変化には関係なく月に1週間ほど、夜も眠れないぐらい膝の痛みに襲われる歳月を過ごしてきました。

これまでに45軒と病院を訪ね治療を受けましたが、良くなるどころか年ごとに悪くなるばかり。正座をすることもできず困っていたところ、友人の紹介でサナモア治療院の中鉢先生お会いすることができました。早速治療器を求めて朝夕1時間カーボンABの照射を続けました。痛みの酷い時にはカーボンBで2時間、3時間と照射し、3ヶ月経ったころから少しずつ正座ができるようになり、6ヶ月後には日中23時間は正座が可能となりました。痛みも月に2日ぐらいに短縮するまでになったのです。

そんな折、平成34月ころから右目が少しずつ見えなくなってきました。5月初旬に眼科医院で診察していただいたところ、病名は白内障と角膜損傷で右目の視力は0.1とのこと、わが耳を疑い、医師に二度も聞き直したほどでした。角膜移植をしないと失明するとの説明に、そっそく移植手術の手続き、アイバンクの登録申し込み、血液検査をして、一日も早く提供者が現れることを祈る毎日でした。一日一日と視力が弱くなって行くのが自分でも分かるのです。眼科医院を訪れてから10日後には0.1以下で物体は見えず、明暗が分かるだけとなってしまいました。友人の勧めで中鉢先生にご相談、ご指導を受けて光線療法に取り組みました。

まずBカーボンを使用して集光器で13時間、4時間と照射。1週間続けましたが少しも良くなりません。再び指導をいただき2週間を過ぎたころから徐々に物の形が分かるようになってきました。眼科医院で検眼したところ0.2になっていました。光線の効果を確信した私は、喜びのうちにも照射に身を入れ、一段と真剣に照射しました。1ヶ月半後には視力も0.3まで回復し、医師から「移植手術はもうやる必要がない」と言われたときには、本当に「光線バンザイ」と叫びたい思いでした。先生、友人にも報告、家族もともに喜んでくれました。その後も毎日2時間の照射を継続しておりますが、620日の検眼では視力は0.5まで回復しています。

 

■変形性膝関節症 

仙台市 女性(65歳)

ある日のこと、車を運転して遠出をした折り、クラッチを踏む足の膝に激痛を覚え、それから膝の痛みと腫れに悩まされる日々となりました。整形外科でのレントゲン等の検査の結果、関節の軟骨がすり減っている、これは老化現象で、もう治ることはないと診断される。
連日、痛み止めの注射と飲み薬、腫れたら注射器で水を抜く、そんな治療の繰り返しでした。膝の痛みはますますひどくなり、人伝えに聞く評判の良い整形外科を何件も渡り歩きました、何処も同じ治療で根本的な治療法はありませんでした。そして松葉杖をついて台所に立つこともありました。
整体や漢方薬も二年以上も続けて見たり、鍼灸にも通いましたが何ら変化は見られませんでした。人様が良いという所は全て行き、ありとあやゆる事をやって見ました。この間7・8年は経過しておりましたでしょうか、そんな中、主人が突然亡くなり気分的に落ち込んでいた折り、息子の小、中学校時代にPTA活動で一緒だった友人に何年か振りに再会し、元気な彼女に元気のもとである光線の話を聞かされ、早速光線治療院に案内して戴きましたが、まさに藁をもつかむ思いでした。
その夜、帰宅した息子に「お母さんはこの治療法に賭けてみるからね、この治療で治らない時は車椅子になるかもね」と話し、光線治療院に通いました。
丸太棒の様に腫れ上がり、膝がどこにあるかわからない程の左足の状態に治療師さん達も驚き「頑張って」と励まされながら、自分でも頑張ってみようと毎日治療を続けました。この間、今までより痛みが増したり、腫れがひどかったりと様々変化がありました。不安との格闘の中で治療師の先生から聞いていた陽性反応と信じて、良くなる前兆と心に言い聞かせながら治療を続けました。
治療2ヶ月程でどこにあったか解らなかった膝小僧が少しずつ出てきてるのがわかる様になってきた。もしかしたらと思うとうれしさが込み上げてくる毎日が続きました。
そして治療3ヶ月が過ぎた頃、膝が曲がる様になり、痛みも無くなってきたのです。その頃から仕事の関係上、治療も1日おき、3日おきと間をおくようになりました。そして長い間の苦しみから解放されることが出来たのです。歩くことがこんなにうれしいものか、今では正座も出来る、好きなフラダンスもできる、これほど毎日が楽しく思うことがあったでしょうか!残された人生を明るく生きる希望を戴き、今では二台の光線器で自宅で腹、足、膝にと身体中に照射しております。
近所の医学に詳しい方に変形性膝関節症や椎間板ヘルニア等は自然に完治することはなく、病院では手術以外は対症療法しかないのに不思議だと言われましたが論より証拠です。
良き出会いに感謝すると同時に悩める人への参考になればと思い一筆をとらせて戴きました。

■膝に水がたまる  女性

光線治療器を愛用して3年半位になります。93歳の母の膝が変形して水がたまり、毎日1度病院で水をとってもらいました。しかし、光線をかけて2ヶ月くらいで痛みでとれ、水もたまらなくなりました。現在では、おなかや首が痛いとかで光線をかけていますが次々と治っています。私もすい臓や肝臓が悪いので毎日光線をかけていますが良い方向に向っている様です。

 

■膝関節痛   老化現象で治らないといわれ・・・

佐藤かしく 70歳   宮城県仙台市宮城野区栄

昭和58年ころから膝関節に痛みを感じ始め、少しずつ悪化し階段の昇り降りが、特に降りる時が大変な苦痛になってきました。正座も短時間しかできなくなり、症状が悪化したため、602月に病院に入院しましたがなんら改善がみられなかったので、20日間ほどで退院しました。

ところが、今度は膝に水がたまってきて、前の病院よりも大きな病院をたずね、そこで水を抜いてもらったのですが、その直後から痛みが激しくなり、612月に同病院に入院を余儀なくされました。やはり20日間の入院治療にもかかわらず余り改善は見られません。病院からは「老化現象なので治らない」といわれたため退院。その後、10日間の温泉治療にも行きましたが、しかしこれといった好転もなく、あきらめていました。

我が家に以前から出入りしていた息子の同級生から、光線治療を強く勧められましたが、医者が治らないといった病気が・・・と思いながらも、知らない人でもないので思い切って治療を受けることにしました。同年3月末のことでした。光線器を求めて治療を始めましたが、3ヶ月余り改善がみられなかったため、その方の指導で若干治療方法を変更して照射を続けたところ、痛みがどんどんと軽減し9月には正座を長くしていても少し苦しくなるだけで痛みはほとんど解消、普通の生活にもどることができました。

今は再発防止のため足の裏にだけ毎日少しずつ照射しております。本当に感謝しております。痛んでいる方は、理屈抜きで光線療法を受けるべきだと今では思っております。

 

膝関節症  苦しんでいた日々が嘘のよう

伊藤きくえ 68歳  山形県最上郡最上町富沢

私は若い頃から25年ぐらい製材所で働いてきました。毎日重い木材を運ぶ作業を続けてきたためか、いつしか膝が固くなり、気がついたら膝が曲がらなくなっていました。製材所を辞め、病院で診て貰ったところ「歳だから・・・」の一言。痛む時はきなさい、と注射をしてくれるだけでした。注射をした時だけは楽になりますが、膝は曲はらないのですから、マッサージ師にもんでもらったりしていましたが、一向に良くならず、だんだん歩くのにも不自由を感じるようになってきました。

1kmほど離れた保育所に孫を送って行くのが私の日課になっていたのですが、途中で23度は休まなければならなくなりました。このような私の様子を見ていた近所の光線治療器愛用者から「伊藤さん、だまされたと思って一度光線を浴びてみなさい」と奨められ、一時間照射していただいたのです。そうしたら、なんと一度も休まずに家まで帰ることができました。その嬉しかったこと、言葉では言い表わせません。

実は私の姉二人も2年程前から光線治療器を愛用しており、折りあるごとに使ってみるよう奨められていたのですが、頑固な主人もおり、諦めていたのです。その後、一ヶ月以上照射を続けてもらいましたが、ほとんど痛まなくなったので中止してしまいました。やがて主人が亡くなり、葬儀やら何やらで忙しかったせいか、また膝が痛みだしました。息子に相談したところ、「母さんが良かったらやってみたら」と、光線治療器を買ってくれました。昭和6258日のことです。

以来、一日も休まず1時間から2時間照射しております。最初の頃はBカーボンで、痛みがとれてからはABカーボンを組み合わせて使っています。先生からは「骨を丈夫にするのが基本だ」と教えられ、カルシウムを摂りながら愛用しており、現在の状況は、膝はほとんど痛まず、45度くらいまで曲がるようになり、歩くのもずいぶんと早くなりました。また、小むらが固くて痛んでいたのがすっかりやわらかくなり痛みも取れました。苦しんでいた日々がまるで嘘のようです。

 

変形性膝関節症   あきらめきれなくて

臼井喜美 66歳  東京都大田区新蒲田

若さにまかせて長年無理をした上に、体重が重たいため足に負担がかかり、膝を悪くして変形性関節症と言われ、その痛みの激しさに苦労しておりました。病院を変えたり、さまざまな治療法を試しましたが思う様な結果が得られず、医者からは「もう老化だから、痛いときは座薬でも入れてしのぐしかない」と言われましたが、あきらめきれませんでした。 

たまたま甥が来て、サナモア光線が良いのではないかと教えてくれたので、ワラをもつかむ気持ちで早速、東京光線治療院へ行き、先生によく診て貰ったところ、5年間辛抱すればなんとかなるでしょう、とのこと。長いと思いましたが決心しました。その時点から薬とは一切無縁とし、サナモア治療一本にして先生の指示のもとに行動を始めたのです。

歩くのも困難だったため、タクシーで往復してやっとの思いで通院しました。ところが123日後症状がひどくなり、トイレにも行けなくなって部屋の中で用を足さなければならなくなりました。先生は、今までの薬が出てしまうまでのことだと言われましたが、一時はどうなることかと思いました。しかし、もう後戻りはできません。これを乗り越えなければと自分に言い聞かせ、サナモア治療を信じて電話で先生の指導をいただきながら、一生懸命に自宅で治療に専念しました。こうした状態は1週間ほど続きましたが、段々と動けるようになり、また通院できるようになりました。これも家族の協力の賜物です。

以来、52ヶ月になりますが、平成38月まで週34回の通院は欠かさず、行かない時は自宅で治療に専念しております。今では通院は、駅まで自転車でゆっくり行き、電車を利用できるまでになりました。近所の人も、一時はどうなることかと思っていたようですが、良くなりましたね、と言ってくださいます。

私は現在66歳ですが、家事一切は一応することができます。このようになりましたのもサナモア治療のお陰と思い、感謝しております。外を歩くのにはまだ杖の力を借りていますので、杖無しで歩けるようになりたいと願いながら、照射を続けて行きたいと思っております。

 

変形性膝関節炎   優れた効果に驚き!!

 安達敬子 67歳  北海道札幌市南区

貴女は重戦車ねと、友人からうらやましがられていた程、がむしゃらに働き続けてきた自慢の体も、定年退職、還暦と年齢の節目を過ごすにつれあちこちと、痛みや変調を自覚する様になりました。

疲れが出たのだろう、そのうち良くなるだろうと、軽い気持ちでいました。

ところが平成33月突然骨が折れたような音と共に足に激痛がはしり、まったく動けなくなりいざり同様、変形性膝関節炎と診断され外科病院に約半年間通院治療を受けていました。週に一度の注射、沢山の飲み薬、一時的に痛みをしのぐだけ、痛い、立てない、歩けないの毎日、これ以上注射しても、骨が脆くなり骨粗鬆症の原因になるばかりと病院をかえてみましたが、やはり同じ、様々な治療法を試してみましたが、痛いばかりで思うような結果は得られず、病院では無理せず安静にしていることが大切ですねの一言、ますますおちこんでしまいました。

平成46月、たまたま月刊誌「ほろーど」でサナモア光線治療を知り、“これが私にとって最後のチャンスかもしれない。とワラをもつかむ気持ちで、早速宮の森サナモア治療院を訪ねました。

松井先生は、私の足の状態を見て、日数はかかりますが痛みも止まり歩ける様になりますよ、続けて光線を照射してみましょうと言われました。

外科病院で15ヶ月も治らなかった左足だもの、光線治療を信じ、時間をかけて治して戴こうと決心しました。

翌日から重い足を引き摺り15日間毎日照射を続けました。

徐々に痛みが取れ、杖をついての歩行も楽になってきました。

光線を照射する度にメキメキ快方に向かい2ヶ月目には、杖も不要になり歩いて通院できるようになりました。

現在では、まだ正座は無理ですが、曲げたり、伸ばしたり、上にあげたり、自由自在、本当に光線のお陰と感謝しております。

嬉しいのも束の間、口の横のめんちょ、右足、目、と次から次へと糖尿が悪さをし、苦しめられました。しかし、今までとは違って病院には行かず、サナモアに直行。早速光線治療器を購入して、朝はサナモア、夜は我が家で頑張っています。

お陰さまで半年で次から次へと良くなり、まさに光線療法の優れた効果に驚いています。

 

 

腰痛、膝痛、痔 / 病弱の身がヨーロッパ旅行まで出来た

永田千代子 68歳  佐賀県鹿島市牟田

私は腰と痔が悪く、加えて膝に水がたまり、正座は全くできず何かの催しがあっても欠席ばかり、苦しい思いをしておりました。鳥栖千寿院の田中先生から、「そんなに苦しいのなら福岡の前田先生がやっているサナモア光線治療院に行ってみなさい」と紹介されたのが光線療法と私の出会いでした。

佐賀県鹿島市から福岡までは遠距離なので、津屋崎駅前に住む娘の嫁ぎ先から南福岡春日市の前田先生の治療院へ通いました。その6日目、先生から通院は何かと不自由だろうから、と治療器購入を勧められ、主人の了解を得たうえで購入いたしました。昭和625月のことでした。それからというもの、毎日治療に専念し、それまでは月に23度は必ず行っていたマッサージの必要もなくなり、腰もも、痔も治ったり軽くなったほか、打撲傷の後遺症で時々起こっていた頭の痙攣も薄らぎ、日々の生活も頑張りがきくようになってきました。

主人も膝に水がたまり、時々は前立腺肥大が出ていましたが、毎日入浴後に光線を照射、すっかり良くなりました。昭和62年の10月には、主人、私、息子の3人でヨーロッパ14カ国をレンタカーで45日間にわたり観光旅行してきましたが、それほどの疲れも感じずに元気で帰ってきました。その後も光線療法は続けており、私も68歳になりましたが、編物の針通しも眼鏡いらず、毛髪も一度も白髪染めのお世話になったことはありません。主人ともども光線療法のお陰だと感謝して暮らしています。


[お問合わせ、ご予約] TEL: (310)329-0500

        [新着情報]

*アーク・サンレイズ

うれしい料金改定のお知らせ!

新料金一覧表、

*日本光線療法協会

「破れた鼓膜が7日で再生!手術回避!」、

「愛犬パールに死の宣告!」
*日本光線療法協会

「奇跡の数々」、「結腸癌が光線で!」

*日本光線療法協会

「子宮癌3期がアーク光線療法で。。!」

日本光線療法協会ホームページ
日本光線療法協会ホームページ

 

               【光の医学研修会】

*4.12.'12(光線シンポジウム)

健康長寿こそアンチエイジング

*4.12.'12(光線シンポジウム)

アーク光線療法と不妊症

*10.13.'11(医学研修会)

化粧品による皮膚トラブル

*6.7.'11(医学研修会)

紫外線はそんなに悪いのか?

*10,8,'10(医学研修会)

アーク光線で温熱療法「期待高まるHSP」

*4.14.'10(医学研修会)

アーク光線療法で睡眠障害とうつ状態・うつ病に克つ

*10,16,'09(医学研修会、2部

インフルエンザ対策とアーク光線療法


*10,16,'09(医学研修会、1部

現代医学に必要なアーク光線療法

*4,8,'09(医学研修会)

花粉症の予防・対策に光線療法が有効

*11,20,'08(医学研修会

免疫応答は自然治癒力の要(自己再生機能と自己防衛機能)

*4,14,'08(医学研修会)

太陽光はガン予防薬!驚きのビタミンD

*10,16,'07(医学研修会)

病が癒えるのは自然治癒力との相乗効果

*11,3,'07(医学研修会)

メタボリックシンドローム

*4,16,'07(医学研修会)

花粉症、アレルギー性疾患

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「光線療法」「光療法」「光治療」「アーク光線」「光医療」「光の医学」「光セラピー」「フォトセラピー」「光線治療器」「光治療器」「光医療器」「カーボンアーク」「アーク・サンレイズ」「全身美容」「セルライト除去」「減量」「痩身」「アンチエイジング」

[Phototherapy] [Photo Therapy] [Light Therapy] [Arksunrays] [Ark Sunrays] [Joint Pain] [back pain] [skin care] [cellulite removal] [anti-aging]