静脈瘤

[Varicose Vein]


■下肢静脈瘤 54歳 男性


40歳前後から軽度の糖尿病があり、食事療法を行っていた。45歳ごろから下肢静脈瘤ができ始めた。営業で立ち仕事が多く、50歳ごろからは右下腿に湿疹のような皮膚炎ができるようになった。

受診した皮膚科で下肢静脈瘤による「うっ滞性皮膚炎」と診断され、しばらく加療していたが、症状に変化はなかった。患部のかゆみは強く、腰痛もあるため、知人の紹介で受診した。


両足裏・両膝・腰部・ふくらはぎ部・後大腿部・背正中部・後頭部・患部に照射。

光線治療1週間で、下肢静脈瘤患部のかゆみが減った。治療1カ月で患部のかゆみ、痛み、発赤は著明に緩和し、腰痛も楽になった。

治療2カ月後には、血糖値が150mg/dlから120mg/dlに下がった。治療3カ月で、下肢静脈瘤による皮膚炎は完治した。光線治療は腰痛と下肢静脈瘤の進行予防のため、現在も継続している。

光線治療継続により加速度脈波からみた末梢血液循環の血行動態を表す得点の上昇、血圧降下、皮膚温の上昇など血行動態全般の改善が見られた。

[お問合わせ・ご予約] TEL: (310)329-0500

        [新着情報]

*アーク・サンレイズ

うれしい料金改定のお知らせ!

新料金一覧表、

*日本光線療法協会

「破れた鼓膜が7日で再生!手術回避!」、

「愛犬パールに死の宣告!」
*日本光線療法協会

「奇跡の数々」、「結腸癌が光線で!」

*日本光線療法協会

「子宮癌3期がアーク光線療法で。。!」

日本光線療法協会ホームページ
日本光線療法協会ホームページ

 

               【光の医学研修会】

*4.12.'12(光線シンポジウム)

健康長寿こそアンチエイジング

*4.12.'12(光線シンポジウム)

アーク光線療法と不妊症

*10.13.'11(医学研修会)

化粧品による皮膚トラブル

*6.7.'11(医学研修会)

紫外線はそんなに悪いのか?

*10,8,'10(医学研修会)

アーク光線で温熱療法「期待高まるHSP」

*4.14.'10(医学研修会)

アーク光線療法で睡眠障害とうつ状態・うつ病に克つ

*10,16,'09(医学研修会、2部

インフルエンザ対策とアーク光線療法


*10,16,'09(医学研修会、1部

現代医学に必要なアーク光線療法

*4,8,'09(医学研修会)

花粉症の予防・対策に光線療法が有効

*11,20,'08(医学研修会

免疫応答は自然治癒力の要(自己再生機能と自己防衛機能)

*4,14,'08(医学研修会)

太陽光はガン予防薬!驚きのビタミンD

*10,16,'07(医学研修会)

病が癒えるのは自然治癒力との相乗効果

*11,3,'07(医学研修会)

メタボリックシンドローム

*4,16,'07(医学研修会)

花粉症、アレルギー性疾患

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「光線療法」「光療法」「光治療」「アーク光線」「光医療」「光の医学」「光セラピー」「フォトセラピー」「光線治療器」「光治療器」「光医療器」「カーボンアーク」「アーク・サンレイズ」「全身美容」「セルライト除去」「減量」「痩身」「アンチエイジング」

[Phototherapy] [Photo Therapy] [Light Therapy] [Arksunrays] [Ark Sunrays] [Joint Pain] [back pain] [skin care] [cellulite removal] [anti-aging]